• ホーム
  • ピル服用時の性器カンジダの副作用に要注意!

ピル服用時の性器カンジダの副作用に要注意!

2020年03月11日
考える女性

ピルの副作用によってカンジダの症状が表れたり、症状が悪化したりすることがあります。性器カンジダ症とは常在菌であるカンジダが性器に感染し、炎症などの症状を起こすことを言います。ピルと感染症には因果関係がないように勘違いされることもありますが、実はその発症に関係するケースがあります。カンジダ菌は珍しい菌ではなく、生物の様々なところに生息しています。しかし、この菌が付いたとしても少量であれば、体の免疫などによって感染症の発症を抑えることが出来ます。女性の膣内の場合は通常は酸性の粘液で満たされており、酸性に弱い真菌などはなかなか増殖できない状態になっています。ところがピルを使用するとホルモンバランスの変化により、粘膜の自浄作用が低下することがあります。その結果、真菌が増殖してしまってカンジダ症を発症するケースも少なくありません。これがピルの副作用にカンジダ症が含まれる理由です。ピル自体にカンジダ菌をもたらす作用はありませんが、元々いるカンジダ菌が増殖する状態を作ってしまう恐れがあります。カンジダ症を発症したときには抗真菌薬を服用して、真菌の数を減らすことが重要と言えるでしょう。カンジダ症を発症すると白いおりものが発生したり、むずむずとした不快感が生まれたりすることがあります。また、排尿後に残尿感が残る場合も感染症を発症している恐れがあると言えるでしょう。カンジダ菌は様々な理由で感染してしまうので、菌がつくことを避けることは容易ではありません。性感染症ではない点も特徴となっています。

ピルを使用したからと言って必ずしもカンジダ症を発症するわけではなく、予防をすることでかかる可能性を下げることが出来ます。カンジダ症を発症しないためには細菌の増殖を防ぐことが大切です。例えば寝る時に通気性の良い衣類を着ると、細菌が増殖しにくくなります。また、感染する可能性のある部分をしっかりと洗うことも大切です。定着前の真菌は皮膚に踏みとどまる力が強くないので、お湯で簡単に洗い流すことも出来ます。

ピルの副作用で感染症が起こってしまったとしても適切な治療を行うことで十分に治せます。真菌に効く抗真菌薬を用法用量を守って使用することで、治療出来る可能性が高いです。必要な場合は内服薬を使用することも有効となりますが、その場合は飲み合わせに気を付ける必要があります。一度カンジダ症を発症すると自然に治ることが少ないので、治療を開始することが重要です。カンジダ症は他人にうつしてしまう可能性がある物なので注意しておきましょう。感染症の症状が発生したときには病院で診断を受けることも大切です。真菌が原因であるかどうかについて特定することで、適切な治療を開始することが出来ます。カンジダ症のように見えても実は他の症状であるケースも珍しくありません。真菌による感染症はステロイドなどを塗ると悪化するので注意しておくことが大切です。

関連記事
喫煙者はピルの使用ができない

喫煙をしている方は原則としてピルを飲むことが出来ません。その点に大きく関係しているのが血栓です。血栓とは血管の中で血液が固まったものであり、血流に影響を与えることが知られています。ピルを飲むことの副作用として血栓症のリスクが上がることが指摘されており、血栓症を起こしやすい体質の方はピルを飲めないケー...

2020年05月19日
ピルの服用でうつ病のリスクは上昇する

ピルを飲むことによる精神面への影響については様々な研究が進められています。その中でうつ病へのリスクが高まることが指摘されることもあります。ピルを飲むことで黄体ホルモンの分泌量が増えます。この時の黄体ホルモン量は月経前症候群が起こるときの量と違いので、黄体ホルモンが精神に大きな影響を与えると考えられて...

2020年04月19日
抗生物質とピルの飲み合わせには注意!

ピルと併用できない抗生物質は多いので注意が必要となります。抗生物質とは、細菌や微生物の発育を阻害し、抗菌するために使用される物質です。例えば黄色ブドウ球菌による肺炎を治療するために、黄色ブドウ球菌の抗生物質であるペニシリンが処方されることがあります。しかし、抗生物質を使うと体の中の様々な細菌類に対し...

2020年03月30日
通販サイトで簡単にピルを入手してみよう

ピルは婦人科などで処方されますが、毎回病院で処方してもらうのは少し億劫だという方もいるのではないでしょうか。そこで通販でピルを購入することが有効となります。インターネット上ではピルを販売しているショップがいくつもあります。その中で自分に合っているピルを売っているショップを探すことが重要となります。通...

2020年02月23日
トリキュラーは初めての低用量ピルデビューにおすすめ

ピルを飲むのが初めてという方にうってつけなのがトリキュラーです。トリキュラーは主成分としてレボノルゲストレルやエチニルエストラジオールを使用している医薬品であり、メジャーなピルの1つとして知られています。このピルを飲むと黄体ホルモン作用と卵胞ホルモン作用により、排卵を抑えることが出来ます。その結果、...

2020年02月07日
吐き気はピルにつきもの!その理由とは?

ピルにはいくつかの副作用があります。その中でも飲み始めの頃に多くの方が感じるとされるのが吐き気です。ピルには黄体ホルモンと卵胞ホルモンの両方が入っています。このうち吐き気に影響を与えるのは黄体ホルモンの方です。この黄体ホルモンが血中にもたらされることにより、そのことから神経を伝って脳へと知らされます...

2020年01月27日