• ホーム
  • トリキュラーは初めての低用量ピルデビューにおすすめ

トリキュラーは初めての低用量ピルデビューにおすすめ

2020年02月07日
笑顔の女性

ピルを飲むのが初めてという方にうってつけなのがトリキュラーです。トリキュラーは主成分としてレボノルゲストレルやエチニルエストラジオールを使用している医薬品であり、メジャーなピルの1つとして知られています。このピルを飲むと黄体ホルモン作用と卵胞ホルモン作用により、排卵を抑えることが出来ます。その結果、子宮内膜の変化により、着床が抑えられるので避妊効果を発揮します。トリキュラーは通常の場合、1日1錠を毎日決まった時間に飲みます。28日連続して使用したあとは次の周期の錠剤を使用する必要があります。周期に合わせた錠剤が用意されるので、用法通り服用を続けることが大切です。1日だけ服用を忘れた場合は気づいた時点で飲みますが、2日以上服用を忘れた場合は服用を中断します。次の月経を待つ必要があるからです。トリキュラー服用中の喫煙は血栓症の原因となりうるため、禁煙することが欠かせません。トリキュラーの副作用としては吐き気や乳房緊満感、頭痛、嘔吐、下腹部痛などが報告されています。稀に息切れや胸の痛みが起こりますが、副作用が重い場合には一度服用を中断して医師に相談することが重要となります。

トリキュラーには3段階に配合を調整しているという特徴があります。この3段階配合により、女性ホルモンを自然な生理の流れとなるべく近づけることが出来ています。その結果、副作用を減らし不正出血しにくい状態を作っているのがこのピルの利点です。使い始めには軽い頭痛や吐き気が発生することもあるものの、使い続けることで副作用のほとんどはなくなります。トリキュラーはバイエル薬品株式会社によって作られました。

トリキュラーは安全性が高く、ピルを初めて飲む方や飲み慣れていない方にもぴったりですが、飲み合わせについては注意が必要な部分もあります。例えばC型慢性肝炎治療薬のオムピタスビル・パリタプレピル・ロトナビルと併用することはありません。肝炎を治療している方はトリキュラーを飲もうと考える場合、医師に相談するようにしましょう。そのほか、結核の薬として使用されるリファンピシンやてんかんの薬であるフェノバルビタールとの併用には注意が必要となります。また、解熱鎮痛剤のアセトアミノフェンと併用することでトリキュラーの効果が強まってしまい、副作用が大きくなることもあります。現時点で飲んでいる薬がある場合はトリキュラーとの相性について確認しておくことが大切です。

トリキュラーは続けて飲むことで効果が表れていく性質を持ちます。飲み始めて1週間程度は効果がそれほど表れないケースもあるので注意しておきましょう。トリキュラーにはトリキュラー錠21というタイプも存在し、このタイプでは21日間飲んだ後に休薬期間を7日設けます。休薬の期間も薬の効果は持続します。トリキュラー錠28の場合は休薬期間を設けることなく、確実に毎日飲み続ける必要があります。

関連記事
なぜ毎日同じ時間にピルを飲まなくてはならないのか

ピルは毎日同じ時間に飲むことが重要となります。その理由はいくつかあります。1つ目の理由はピルは生理日の1日1日に合わせて配合されています。毎日同じ時間帯に飲まないと徐々に遅れていき、生理日とピルの内容がずれてしまう恐れがあります。もう1つの理由はピルが24時間をかけて効き目を発揮するように作られてい...

2020年06月23日
喫煙者はピルの使用ができない

喫煙をしている方は原則としてピルを飲むことが出来ません。その点に大きく関係しているのが血栓です。血栓とは血管の中で血液が固まったものであり、血流に影響を与えることが知られています。ピルを飲むことの副作用として血栓症のリスクが上がることが指摘されており、血栓症を起こしやすい体質の方はピルを飲めないケー...

2020年05月19日
ピル服用時の性器カンジダの副作用に要注意!

ピルの副作用によってカンジダの症状が表れたり、症状が悪化したりすることがあります。性器カンジダ症とは常在菌であるカンジダが性器に感染し、炎症などの症状を起こすことを言います。ピルと感染症には因果関係がないように勘違いされることもありますが、実はその発症に関係するケースがあります。カンジダ菌は珍しい菌...

2020年03月11日
ピルの服用でうつ病のリスクは上昇する

ピルを飲むことによる精神面への影響については様々な研究が進められています。その中でうつ病へのリスクが高まることが指摘されることもあります。ピルを飲むことで黄体ホルモンの分泌量が増えます。この時の黄体ホルモン量は月経前症候群が起こるときの量と違いので、黄体ホルモンが精神に大きな影響を与えると考えられて...

2020年04月19日
抗生物質とピルの飲み合わせには注意!

ピルと併用できない抗生物質は多いので注意が必要となります。抗生物質とは、細菌や微生物の発育を阻害し、抗菌するために使用される物質です。例えば黄色ブドウ球菌による肺炎を治療するために、黄色ブドウ球菌の抗生物質であるペニシリンが処方されることがあります。しかし、抗生物質を使うと体の中の様々な細菌類に対し...

2020年03月30日
通販サイトで簡単にピルを入手してみよう

ピルは婦人科などで処方されますが、毎回病院で処方してもらうのは少し億劫だという方もいるのではないでしょうか。そこで通販でピルを購入することが有効となります。インターネット上ではピルを販売しているショップがいくつもあります。その中で自分に合っているピルを売っているショップを探すことが重要となります。通...

2020年02月23日
吐き気はピルにつきもの!その理由とは?

ピルにはいくつかの副作用があります。その中でも飲み始めの頃に多くの方が感じるとされるのが吐き気です。ピルには黄体ホルモンと卵胞ホルモンの両方が入っています。このうち吐き気に影響を与えるのは黄体ホルモンの方です。この黄体ホルモンが血中にもたらされることにより、そのことから神経を伝って脳へと知らされます...

2020年01月27日